世界には色々なお酒があります!

外国のお酒

外国のお酒といえば日本で一番親しまれているのがビール類ではないでしょうか。
世界でも比較的アルコール度数の低いお酒ですが、珍しいビールとして何とアルコール度60%オランダの「START THE FUTUTE」、アルコール度65%スコットランドの「アルマゲドン」などがあります。珍しいビールだ!と買い物かごに入れる前に、特に外国のお酒は度数を確かめましょう。

その他にもボトルのデザインが可愛らしいサボテンのガラス細工の入ったテキーラ「ポルフィディオ」、あまりの可愛らしさに心が動きますがアルコール度は50%です。
アルコール度が高いので有名なウォッカはポーランド産の「スピリタス」。何と96度もあります!

珍しいお酒と自分が飲めるお酒は、特に日本と外国では考え方が違う事もあるので、外国のお酒を選ぶ際は度数や口コミを良く見てみましょう!

日本のお酒

日本産のお酒はアルコール度数が(日本で作られているウィスキーは別として)焼酎より高いものはそんなにありません。
度数の高さを目指すよりは、原料にこだわりをもち、地酒を造る傾向にあると言えます。

焼酎や日本酒は各地で地酒があり、飲み比べなども盛んに行われています。最近では地ビールなども色々な種類が出ており、飲み比べの出来るレストランなどもあります。
通販でも、日本酒・焼酎・ビールの飲み比べセットはとても人気があります。
自宅に居ながら各地のお酒をいただけるなんて、贅沢なセットですね!珍しいお酒が必ずしも高価な必要はない!と思ったら、お好きなお酒の飲み比べセットはいかがでしょうか?
「(好きなお酒の種類)飲み比べセット」と検索すると色々なセットがヒットします。